タモリレシピ実践録

タモリさんが今までにテレビ番組等で作った料理を作ります。

チキンソテー ローズマリー風味

 f:id:tamosan-recipe:20180403000450j:plain

 

チキンソテーは簡単に作ることができて美味しいのでよく家でも作ります。

大根おろしや玉ねぎのすりおろしをソースにしてサッパリした味付けをすることが多いですね。

 

 

今回のタモリレシピは「チキンソテー ローズマリー風味」。

 

味付けは塩こしょう、そしてローズマリーでハーブの風味を付けます。

 

ご飯のおかずにもなりますし、ビールや白ワインに良く合うおつまみにもなります。

 

【原典】

タモリ倶楽部 2012/8/24放送 勝田アナ報道局異動記念!豪華おもてなし料理で送り出してあげよう! 勝田アナの偏食を直してあげよう!


こちら、元々は勝田アナの偏食を直すために出演者がそれぞれレシピを持ち寄って料理して食べてもらう、、という番組の趣旨です。

 

で、チキンソテーはそのレシピとは関係無くタモリさんが酒のつまみのために勝手に作っていたものです。


【材料】

2人分

鳥もも肉    1枚(200~300gくらい)
塩       少々
こしょう    少々
オリーブオイル 大さじ1
ローズマリー  たっぷり(お好みで)

 f:id:tamosan-recipe:20180403000429j:plain

 

画像だと醤油が写っていますが、結局使いませんでした。

 

味付けは塩こしょうだけで十分です。

私はクレイジーソルトを愛用していますが、勿論普通の塩でOK。

 

 

【手順】

1. 鳥もも肉に塩こしょう、ローズマリーを振って揉み込む

ローズマリーの量はお好みで調整してください。

私は香味野菜やスパイスが大好きなので、結構たくさん入れました。


f:id:tamosan-recipe:20180403000434j:plain

ちなみに私の一番好きな香味野菜はパクチーです。

学生時代にフィールドワークでタイを訪れた際、口にしたのがファーストコンタクトでした。

 

その際は独特の香りが苦手だったのですが、しばらく我慢して食べていたらいつの間にか病み付きに。

 

今ではパクチー抜きのタイ料理はあり得ないと思うくらい好きです。

 

その他にもみょうが、しそ、ハーブ類も一通り好きですね。


2. 鳥もも肉を焼く

まずは皮を下にして焼きます。余分な油を出してしまいたいので。

f:id:tamosan-recipe:20180403000440j:plain

鳥もも肉は火が通りにくいので、肉の上に重しを乗せて圧力をかけます。

(番組でもタモリさんは鍋を直接肉の上に置いていました)

 

 

私は↓の写真のように鍋のふたを載せてみたらぴったりだったのでいつもこうしています。

弱火で7分くらいでしょうか。じっくり火を通します。強火だと焦げるので注意。

 

f:id:tamosan-recipe:20180403000444j:plain

3. 鳥もも肉をひっくり返して反対の面を焼く

最初に皮の面を焼いたためかなり油が出てきているはず。キッチンペーパーでふき取りましょう。ひっくり返したらまたふたをかぶせて、さらに5分くらい焼きます。

 

 f:id:tamosan-recipe:20180403000450j:plain


4. 肉を切って完成

 食べやすい大きさに切って完成。

 

f:id:tamosan-recipe:20180403000454j:plain

 

味付けは塩こしょうとローズマリーのみというシンプルなもので、ソースも作らないので簡単です。

 

 

タモリさんの料理はいつもシンプルであり、私はそこに一番の魅力を感じているのですが、今回も余計な味付けはせず、肉の旨みとローズマリーの香りが前面に出ています。

 

これは美味しい!

ぜひ作ってみてください。